天界ワーク請負人 よしおかとうじのスピリチュアルズ

天界ワークで、望みの現実を、希望の御利益を。最高峰のスピリチュアル体験。

リフレッシュ休暇を終えて

旅行

名古屋リフレッシュ休暇を終えて。

なかなか通常ルーティンに戻るまで時間が掛かりましたが、ようやく「日常」が戻ってきました。

まぁ、ある意味で日常は、延々続くストレス環境であったりもする訳ですが、それとて避けられるものではないので、こうした「リフレッシュの機会」を存分に利用しストレス耐性を上げて、対応していくしかありませんからね。

 

取りあえず、今回の名古屋旅では、書店とグルメとビックカメラを満喫して参りました。地元にも家電店はありますが、名古屋の「駅挟んで2つもビックカメラがある」様な凄い品揃えではありませんから、今回のビックカメラ探訪は結構楽しかったです。

ビックカメラのゲーミングPCコーナー

元々ビックカメラでは、FPS(一人称のガンアクションゲーム)用に使う、左手専用のキーボードを探しに行こう、と考えていました。Amazonで色々あったのですが、やはり現物を見たい、というのがありまして。

それで、ビックカメラに実際行ってみると、PCでゲームするための、いわゆる「ゲーミング」なコーナーが確立されていたんです。展示物として6面のディスプレイを使ったレースゲームですとか(一応実際にプレイ出来るようでした)、ゲーミングチェアですとか、実に幅広い品揃えがありました。

 

キーボードもたくさん。特に最近の流行で、光るのが一杯ありました。私のキーボードは光らない実用系のキーボードなんですが、光るのもある意味楽しいかな、なんて思ったりするくらい、多種類の光るキーボードが展示してありました。

で。肝心の左手専用のキーボード。探しても見つからず。それで仕方ないので、忙しそうにしている店員さんの隙を狙って、そういう商品無いですか、と尋ねました。すると、店員さんの方も、ちょっと「えっ?」みたいな感じ。既にキーボードコーナーはくまなく見ていたので、別の何処かに展示があるのかな、とも思って聞いたのですが、どうもそうでは無い模様でした。

それで、店員さんの後を付いて実際に案内されると、RAZER社の左手キーボードが、2つ。たった2つです。展示されているのは、わずかに2つに過ぎませんでした。しかも、在庫があるのは「ここに出ている限りです」とも言われてしまいました。

 

でもまぁ、Amazonでいきなり何も触らず買うよりはマシかな、と思い直し、その2商品を触ってはみました。お値段は大体1万円くらい。Amazonで行くと、割と中級~高級に類される程度です。最高級は4万円とかしますので、そもそもとても買えませんが、1万円なら何とか出せるかな、という印象でした。

と、店員さんが、「新幹線口のソフマップの方が、PC系は充実してますよ」と。……ほう、駅を突っ切って向こうまで出てみろ、と。

名古屋駅は、東京駅などと比べればコンパクトではありますが、やはり結構な大きさはありますし人通りも多いので、突っ切って向こう側まで抜けるのは大変です。しかもその時、既に書店で買い物をしていて、片手に重い書籍を持っていたので、正直「あの人混みを突っ切って向こうまでかぁ……」とは、思いました。元々人混みが苦手な私ですので、試練だな、と。

 

とは言え、ここに2商品、しかも1ブランドの物しか無いのであれば、比較のしようもありませんので、やむなく「駅を突っ切る」事にしました。前日あまり睡眠が上手く取れていなかったので少しフラフラしながらでしたが、何とか新幹線口のソフマップ(ビックカメラ内)に辿り着き、エスカレーターを使ってPC系コーナーへと行きました。

 

と、そこにあったのは、JRタワーズ側のビックカメラよりも少ない展示商品。嫌な予感を感じつつキーボードコーナーに行くと、一応左手キーボードありました、1つだけ。しかもノンブランド的な感じです。

「ここまで疲れて来てこの結末かよー……」と、正直思いましたが、まぁどうしようもありません。そもそもどうやら、左手キーボードというジャンル自体が「ニッチ」な様で、ニーズが少ないのかも知れません。

 

で、一応フロアを見渡してみると、Macのカスタマイズ受付があったり、メーカーPCの品揃えは豊富だったりと、店員さんの言っていた「PC系は充実」という言葉に、誤りはありませんでした。ただ、誤りは無いんですが、「普通のPC」が充実している感じであって、専門的では無かったですね。

帰りはもっとフラフラしつつ、何とか地下鉄駅まで行き着き、急ぎ宿に戻って仮眠を取りました。本当はその日は、サウナにでも行ってデトックス、なんて予定を立てていたんですが、体力がとても持ちませんでした。

進むタバコ、進む仕事

今回のホテルは、まぁいつもそうなんですが、喫煙室を指定して予約をしました。ですので、室内でタバコ吸いたい放題です。

予め、予約時の備考欄に「たくさん吸うので灰皿2、3個用意しておいて下さい」なんて書いたりもして(しっかり置いてありました)、まさに喫煙者天国です。

 

それで、その状況でタバコをバンバン吸いながらタイピングをしたりワークをしたりと、色々と仕事をしていると、普段のペースよりもかなり効率が良いのに気付いたんです。Macの標準キーボードとIME「ことえり」に慣れていないせいでタイピング速度とかでは厳しい面もあったのですが、それ以上に閃き・冴え、という様な人的な部分での押上効果が高かったです。

 

昔は、ニコチン入り電子タバコを吸って作業していたりもしました。その時はあまり感じなかったのですが、紙巻きタバコに変えて、作業中には吸えない環境(PCルームでは吸わない、というルールになっていたので)に身を置いていて、それでともかく当たり前になっていたので、作業能率が上がった・下がったとかは分からなかったのですが、いざ「タバコを思うタイミングで吸えて仕事も出来る」環境に身を置いてみたら、まー驚くほど捗ることこの上なし。これホントに驚きました。

 

まあ、その分というか、喫煙本数は増えるので身体には良くないのでしょうが、30分か1時間に1回、わざわざ階下に移動して、完全に集中を途切れさせて喫煙してまた仕事に戻る、というのが「今までの普通」でしたので、この時のホテル作業時の『連続集中感』は正直言って驚きであり、かつ、自宅でも再現したいと思うようになりました。

 

結果、と言いますか、帰ってから妻と談義をしまして、PCルームの窓を開放して、窓辺で吸うならOK、という許可が下りたので、これからは「タバコのためにわざわざ集中を切る必要が無くなる」という、実に嬉しい結果をも、今回の旅は生み出してくれました。まぁこれからPCルームがタバコ臭くなるのかも知れませんし、その臭いの程度によっては、再び「不許可」となる可能性もありますが、ひとまず今は、許可が下りた事を喜んでいます。まだ適した灰皿が無いので、今日の時点では以前の体制のままですが。

 

何にしても、色々リフレッシュも出来、得るものもあり、仕事場の環境すらも変わる、という、実に有意義な旅でした。ストレスも相当緩和されたので、大分「楽になった」というのが主観的な感想でもあります。

まぁこれから少しすると、拡大版GWの10連休もあったりして、また少し疲れそうではありますが、1回リフレッシュ休暇を挟むと、大体半年はキープ出来るので、ここからも頑張って行きたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
よしおかとうじ

よしおかとうじ

天界と人とを繋ぐライトワーカー、よしおかとうじです。日々真面目に研鑽・ワークをしております。ご用の際はお気軽にお問い合わせ下さい。

-旅行

Copyright© 天界ワーク請負人 よしおかとうじのスピリチュアルズ , 2019 All Rights Reserved.