メルマガはこちらから!

メルマガ登録ボタン

久々にブレインダンプを実施中

広告

相当久しぶりですね、ブレインダンプをするのは。結構時間を掛けられる時で無いと出来ないのと、気力がある程度以上あり、かつ、うつ状態にもならない目処が立っている時で無いとブレインダンプは出来ないので、私にとっては貴重なタイミングだったりします。

 

私の場合、ブレインダンプと言っても基本的には「日記帳」の上で文章で行います。普通のブレインダンプの場合、様々ある出来事全てを箇条書き等で一気に書き出す、という手法を用いる場合が多いのですが、私はそれがあまり得意ではなくて、寧ろ1つ1つの背景から手繰り寄せるようにして本質に迫っていく方法の方が向いているので、日記帳という名の「思索帳」でもって、ブレインダンプを行います。A4ノートを万年筆で徹底的に埋めていくんですが、こればかりは自分のお気に入りの筆記具無しでは出来ませんね。

ブレインダンプの効果効能~私の場合

一般的にブレインダンプは、思考の詰まりを取り除いて新しい発想などを生み出す際に用いられます。これについては私のするブレインダンプも似たようなところで、最終的な結論にまで至れば、新しい視野・新しい着眼点を手にする事が出来ます。

とは言え、その時間が相当掛かります。今ちょっとココナラの案件がポンポンと入ってきたので一時筆を置き中断しているのですが、21時18分から22時43分までずっと万年筆握りっぱなしでした。最初はスピードに乗りづらいので、ページ数としては見開き1ページと少々なんですが、細かい罫線のノートを使っているので、書いている文章量としては相当あります。

私のような「思索タイプ」のブレインダンプはそれこそ邪道扱いされそうなところですけれど、これはこれでメリットがあります。基本このスタイルでのブレインダンプは、思考方向が一直線なので、1つの事をまず掘り下げていく、というのに向いているのです。人によって頭の中の構造が違いますので最適かどうかは分かりませんが、何か1つの事が気になるとそれに縛られるタイプの方であれば、直線型のブレインダンプも向いているかも知れないとは思います。

今回のブレインダンプの主題

結局私の場合、以前のブログでは堂々とそう表明していましたが、基本「金の亡者属性」があります。まぁ亡者と言っても、人から奪い取ってやろうとかそういう事は考えないので「プチ亡者」みたいな程度ですが、頂けるはずのお金が頂けないとかだと、簡単に激昂します。それくらいには亡者です。

で、そんな私が、借金をしている、と。しかも総額は470万円とか言うもー意味不明な額面です。全てFXで持って行かれたのと買い物と、というある意味自業自得な酷い有様なんですが、いずれにしても毎月の支払いが13万円以上とかいうのは溜まらんです。ボーナス月加算が無いだけの住宅ローンじゃないかね、という感じで。

 

それで、結局は「どう収入を伸ばすか」という所にメインのポイントが行きました。それ以外にも問題は色々あるんですけれどね、私自身のアイデンティティーの問題とか、深い問題もあります。けれど、それらって結局底の所で「お金」と繋がっています。稼げない職業に就くつもりはそもそも無いですし、綺麗事言っても仕方ないのでざっくり言ってしまいますが、ライトワーカーの仕事も決して慈善事業でやってる訳ではないです。結果としてクライアント様が助かるので慈善事業っぽいですが、金銭頂けない限り基本的には動きません、私は。

 

そういう所で実は先日、ちょっとしたトラブルがありました。ネットでは無くローカルで、です。まぁ金銭が原因と完全確定した訳では無いのですが、とある方にワークをする事を提案したんです。とは言え、妻の友達なので基本的に無償かそれに限りなく近い額でしか請け負わないつもりではいたんですが、妻が「エネルギー等価交換性の法則」を持ち出したんです。それ言われたら、出せば出しただけ強いワークが出来る、という『真実』を語らざるを得ない、というのが実情です。その方とはLINEで妻も入れて3人の専用のトークルームも用意していたんですが、まぁその方が突然キレまして。いや別に、怒り系キレ、という訳ではなくて、自嘲系キレだったのでどうにもこちらとしても止めようも無い話だったんですが、そのキレでもって、結構長く続いていたそのトークルームも閉鎖する事になりました。最後のLINEのメッセージを見た時に、「あ、こりゃ関係切れたな」と私は思いました。色々ご自身の負の面を前面に出して理由付けはされていましたが、それ本質じゃないね、という感じです、感覚的には。

女性によくありがちなのが、「友達からお金取るなんて!」という思考。いやいや、私プロなんですが、という感じではあるんですが、まぁその辺り理解される方とされない方と、二分されます。多分今回キレられた方は、理解されない側の方だったかな、と思います。あとは、これは全くの善意でしたが、ハイヤーセルフ領域が淀んでいたのでサラリとクリアリングをしたらそれにその方気付かれまして、それがお仕着せのようで嫌だったとかかも知れません。ただ何にしても、あのLINEメッセージを送られてしまっては、もう私の側からは何も言えませんねという程度には、関係性を切断するに十分な内容でした。

 

やはり金銭絡むと、色々ややこしいですね。

で。そんな金銭を稼ごうという話。これが今回のブレインダンプの主題という話はしました。

 

ではどう稼ごう、というところです。1つには、ヒーリングストア・アチューメントストアにSEO対策を施して上位表示を狙い、検索エンジンからのオーガニックな流入を促進して売上の向上に繋げよう、という試み。既に土台は出来ていて、後はコンテンツを入れ込むだけなんですが、結構これがめんどくさい。というのも、ヒーリングストアにはヒーリングの、アチューメントストアにはアチューメントの内容を書く、というように、少しずつずらして書くことが必要になってくる上に、あくまで専門ストアのコラムとして書くので、遊びを入れる要素が無いのです。そもそもこのブログに「自由を!」とやったのも、遊びが無いブログが窮屈過ぎて嫌になったから、という人間ですので、窮屈な記事書きというのは得意ではありません。

けれど、稼ぐ為にはやらないと行けないんですよね。ただ、別の方向性もあるんでは、とも思っています。それがアフィリエイトです。アフィリエイトは今でこそ「楽天アフィリエイト」等有名どころが出てきているので少しは職業としての知名度が上がりましたが、今でも「詐欺師の集まり」みたいな見方をする方もおられる、ちょっとダークな業界です。まぁいわゆる稼ぐ系の商材を扱うと、どうしても「買ったけれど稼げなかった人」は、ご自分の努力量と質の掛け算を無視されて「商材が悪い!」と声高にクレームを入れる事が多いので(そんなクレーム入れてる暇があったら記事入れなよとか思いますが)、稼ぐ系を扱う=詐欺師の仲間入り、みたいな感じも一般論としてはあります。

 

今まで私もアフィリエイトはやってきましたが、主に「お悩み系」を解決する情報商材を扱っていました。しかも厳選した商材しか紹介していなかったので、基本的にクレームが来ることもありませんでした。因みに今でも、その昔に作ったサイトから毎月2万円程度は売上が上がります。高単価の案件なので、1件決まると大きいんです。

 

そんなアフィリエイトを、ちょっと本格的にやろうかな、とか思っています。今ではサイトアフィリという言葉自体が死語になりつつあり、Wordpressを使ったサイト作成がメインかな、と思います。昔はSIRIUSというサイト作成ツールが爆発的にヒットしていましたし、今でもinfotopという販売仲介業者のランキングでSIRIUSはある程度高い順位を維持しています。けれど、SIRIUSでサイト作ると、どれもこれもサイトデザインが似たようなものになってしまうんですよね。アフィリサイトは皆SIRIUS、みたいな状況です。

それだったら、Wordpressで○○ページを○○して、後は○○なページを××な形で配置してあげれば、それだけで稼げるサイトの骨組みは出来ます。さすがに書いてしまうとライバル増やすだけなので伏せ字で申し訳ないですが、Wordpressと言っても結局は「サイト」です。ブログの仕組みは使いますが、工夫次第でサイトアフィリと同次元の事がフツーに出来るのがWordpressの良い所です。更にエックスサーバーとか使えば、Wordpressの設置数の制限なんて気にしなくて良いですしね。とここでさらりとエックスサーバーのアフィリリンクを置くのが基本ですが、このブログでアフィリやろうとは思ってないので、しません。とか言いつつそのうち方針転換するかも知れませんけれどね、それはこれからの気分次第ということで。

ブレインダンプも終わりまして

結局費やした時間は、都合3時間半程度になりました。それだけの時間、直線的思考を連ねれば、ある程度は答えらしいものが出てくるものです。

今回は、ともかく「収入自体を増やそう」というのが結論として導かれました。それだけ今の私にはお金が必要、という事です。月額の返済金額を下げるためには、いっときでも良いので少し大きく稼いで、借金の元本自体を減らさないと結局利息で相当持って行かれてしまうからです。

まぁ、借金はしないに限ります。扱える範囲の借金であればまだ良いですが、借入金でFXとかは、しない方がいいですねというのを実地で学びました。いやはや、大変な勉強代になりました(苦笑)。

広告

メルマガ登録はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA