iPhoneの話です。

先日、iCloudの容量が一杯になってしまいました。200Gプランなんですが、家族が撮る写真全てが一カ所に集中するので、仕方ない話ではありました。

iCloudの容量不足解消の為に、取りあえずまぁ、常にiPhoneから写真全てが見られなくても、PCで見られれば良いか、という事で、iCloud写真をOFFにしました。

そこからが問題の始まりだった……

iCloud写真をOFFにすると、iCloudに保存されている写真・ビデオは30日後に消滅します。ですので、30日以内にダウンロードをしなければいけないのが基本です。

ただ、ここで問題が発生しました。Windowsの「iCloud」プログラムを使ってダウンロードしたのですが、何故か全ての写真・ビデオがダウンロード出来ていない。一部しか出来なかったのです。

それで、これじゃ大変だという事で、サードパーティーのプログラムを使ってダウンロードを試みましたが、これも10,000枚ある写真・ビデオの内、1,500枚程度がダウンロード出来るだけで、そこでエラーを吐いて止まってしまいます。

 

それじゃあしょうがないから、という事で、再度iCloud写真をON。すると、「ストレージに最適化」を選択してあった写真アプリなのに、どうもフルのデータをiCloud写真からダウンロードしたらしく、即行「ストレージがいっぱいです」というエラーをiPhoneが吐き出す様になりました。もうここからはパニックですね。

 

で、ともかく写真が問題なのは間違いないからと、再度iCloud写真をOFFにし、ローカルからも削除する選択肢を選んだら、「ストレージ」上の空き容量は増えました。残り40G程ある、という状態になりました。

しかし、アプリをアップデートしようとすると、「ストレージがいっぱいです」エラーがそこでも出ます。「ストレージ」の項目では十分空き容量があるにも関わらず、です。

仕方ないので、今度は動画とかを削除したりもしたんですが、やっぱり「ストレージがいっぱいです」エラーが出ます。空き容量は表示上は十分あるのに。

 

となると、もうこれは一度リセットするしか無い。一番避けたいパターンにはなるのですが、もう手詰まりです。

と言う訳で、今iPhoneの最終のバックアップを取っています。後20分くらい掛かるらしいです。

それが済んだら、iPhoneをリセットして真っさらに。その後バックアップから復元、と言うプロセスを経て、復活して欲しいと……思ってはいます。これで復活しなかったら、ホントに「真っさらなiPhone」からスタートしなければいけません。

 

一応、ゲームアプリなどで引き継ぎ出来るタイプの物は、バックアップを取りました。LINEもトークのバックアップはともかく取ったり、Dropboxバックアップに対応しているアプリは全てバックアップ取りました。

以前の悪夢が……

実はこういうプロセス、今回が初めてではありません。前回あったのは、「iPhone表示上の空き容量と、iTunes表示上の空き容量が異なる」というところから、リセット掛けて復帰させよう、という事をしました。

 

しかし。

なんと「バックアップが壊れています」エラー。

 

はい、そうです。

いきなり、強制的に、真っさらなiPhoneに戻りました(涙)。

 

あの時は、アプリの入れ直しだとか設定の復元出来る限りやってみたりとか、まーホントに大変でした。

バックアップのベリファイとか、してくれないんですかね、iTunesアプリは。本当に困ったものでした。

 

で、今回も「リセット⇒復元」というプロセスは同じ。これでまた「バックアップが壊れています」が出たら、詰み。

またエラーが出なくても、「ストレージがいっぱいです」が出ても詰み、です。どっちにせよそれらが出たら、『新しいiPhone』としてやり直し、という事になるという、実に厳しい状態になっています。

 

何とか上手く行って欲しいんですけれどねぇ……

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事