予定通り、温泉宿で執筆は進み、Kindleの原稿は完成しました。まだ印刷稿にはなっていないので、これから印刷して校閲作業もあり、まだ出版には時間が掛かりますが、ひとまず第1ステップはクリア、という感じです。ホッとしました。

Kindleは、出して終わりではない。

これは前の投稿でも言った話ですが、Kindle本は「出せば売れる」というものでもありません。しっかりとプロフィールページを充実させ、戦略を練り、本の紹介文をこれまたしっかり書き込んで初めて、検索に引っかかる、というものです。そもそもAmazonの中で検索してもらえたり、上位表示されない限り、本がどんどん売れる、という状況にはなりがたいです。

 

その辺り、Kindle出版プロデューサー講座で学びたい、という思いがある事も先に述べました。Kindle、という特殊なプラットフォームに対応した講座ですから、セルフプロデュースだけだとしても、受けるべき価値はある、と思っています。ただ、無料オファーからのアップセルメニューですので、値段がまるっきり分かりません。「詳しくはセミナーで」との一点張りですので、もしかすると50万とかする高額のオファーかも知れません。せめて98,000円くらいであれば、ギリギリ支払える限界ではあるのですが(支払ってしまったら一切の余裕は無くなりますが)、取りあえず12日のオンラインセミナー待ちですかねぇ……まぁ、Kindle出版プロデューサー、という肩書きがあれば、ライトワーカー業の他に仕事があるのと同じですから、多少高くても元は取れるかも知れません。けれど、果たして講座自体が有益かどうか、再現性があるかどうかがイマイチ不明なので、躊躇している、というのが今のところです。

 

今回のKindle本は、Kindle Unlimitedで出します。ですので、Kindle Unlimitedの会員の方は、無料で読んで頂けます。Kindle Unlimitedはヘビーユーザー向けサービスではありますが、Kindleで読書する習慣がある方であれば、必ず元は取れるというか、損はしません。1冊1200円くらいする本が幾らでも読める(一度に確保出来る本は10冊まで)のですから、毎月980円払っても十分価値がある、というものです。私もこれのお陰で、メガビタミンの情報をどんどん仕入れる事が出来、新しい知識がとても増えました。Kindle Unlimitedには、インディーズに近い本もたくさん登録されていて、インディーズの本ほど「値段不相応」なので、Kindle Unlimitedで無料で読む、というのが大事な要素になってきます。

 

さて、Kindleで出版、となると、まず露出が大切です。ココナラでも宣伝サービスはありますが、とにかくまず「知ってもらわないといけない」。本がある事を、です。知ってもらわない限り、読んではもらえませんからね。ただこれも言うは易く行うは難しで、宣伝サービスを駆使したとしても、なかなか書籍がダウンロードされる、または購入される、という風には繫がりません。ここはやはり「説明文・解説」のところが如何に充実しているか、というのが、分かれ道だと思っています。

無料配布キャンペーンなども活用して頒布する

Kindle Unlimitedを使うのには、KDPセレクト、というのに登録する必要があります。これは、「Kindleで独占的に販売しますよ」という契約です。

 

今の電子書籍業界を見回しても、Kindle以上に人気を博しているサービスはありません。SONYだったか「Reader」というプラットフォームを提供していますが、割引などの大胆さが殆どないので、Kindleには勝てていないと私は判断しています。楽天koboなどは、一時期端末を無償配布するなどある意味「暴挙」に出ましたが、業界シェアという点では、Kindleに大きく水をあけられている、というのが実状の様です。

 

で、Kindleですが、無料配布キャンペーン、というのが実行できます。ただこれは、無制限に何度も出来るものではないので、ある程度「見込み顧客様が集まったら実施する」という、タイミングを計るのが大切になってきます。今のところ、今回のKindle本の目的は、私よしおかとうじを知ってもらう事にありますので、売上は殆ど考えていません。寧ろ出来るだけ多くの方に、私のKindle本を手に取ってもらいたい、という思いの方が圧倒的に強いです。

 

無料配布キャンペーンもそうですが、Kindle Unlimitedが導入されてから、Kindleを巡る環境は大きく変化しました。それまでは、単品で売る、というそれだけの話だったのですが、Kindle Unlimitedの登場で「読み進めてもらうと収益になる」という新しい収益スタイルが発生しました。今回は収益目的ではないのでここは軽くスルーするところではありますが、「読み進められる本=良書」というAmazonの考え方が如実に反映されているものと思います。

 

因みに、続刊も予定しています。今回の本は、ライトワーカーという職業・お仕事に興味がある方、を主なターゲットにして書きました。もちろんそれ以外の方でもエンターテインメントとして楽しんで頂ける様には書いていますが、あくまでメインターゲットは「ライトワーカー・ヒーラー志望者」です。裏話とかも結構ありますので、今からライトワーカーを目指す方にとっては、良い指針になってくれるのではないかと期待しています。

 

続刊では、もっと個別論というか、私がするワークの独自性を打ち出した、「よしおかとうじワールド」を解説する本にしたいと思っています。ライトワーカーと一言に言っても、活動内容は個別に様々です。私の場合、主に天界入りして天界の神様にお願いを通す、というタイプのワークを提供しているので、これについて詳しく書いて行けたらなと思っています。

 

因みに、さすがに天界入りまでは「人を選ぶ」要素があり全員が出来るものではありませんが、高次元三者、「ハイヤーセルフさん・ガイドさん・守護神様」のお三方であれば、アチューメントを用いた手法でもって、誰でも繫がれる様になります。これは昔、私が本気でサービス提供していた『高次元トーキング』というアチューメント込み・サポート込みのサービスで達成出来るものです。高次元トーキングは値段は相当しますが、これを一度身につけてしまえば、誰かに「ハイヤーセルフさんの声を聞いて欲しい」と依頼してお金を払う必要も無くなりますし、より上位の守護神様にも繫がれる事から、人生の指針の様なものもまた、自分自身の力で獲得する事が出来ます。

 

そのうち、この『高次元トーキング』については、別途ご案内出来るページを作る予定です。さすがにこのブログでは説明過多になってしまうので、新しいページを一つ作る予定でいます。

 

それと共に、まずココナラに出している程度のワークは全て、ブログでも出せる様にしたいですね。ブログ直販の方が利益率が良い、というのもありますが、オプションメニューの価格などを自由に設定出来るので、フレキシブルな価格設定が可能です。ココナラは「刻み値」があるので、必ずしも最適な価格でのご案内が出来ていない現状があります。それを改善するのが、ブログ直売という方法だと私は考えています。

 

今はメニュー寂しいんですけれどね……天界縁結びしか、メニューに並んでいないので。

因みに、ショップページはこちらです。

 

⇒ショップページに行く

 

さて、そろそろ温泉宿の朝ご飯です。しっかり食べて、またタイピングにいそしむ様にしたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事