子供からスタートした風邪なんですが、妻に行ったかと思ったらすぐ自分の方にも来て、あっという間に全員風邪一家、という状況になってしまいました。

幸い、今お仕事の方は凪の状態で、新規のご依頼がありませんので風邪退治に専念出来ています。この辺り、天の御配剤というのはとてもありがたいものです、風邪引いているのにワークをバンバンしなくてはいけない、というのはかなり辛いものがありますからね。暇な時には、暇な理由、というのがある様です。

 

実のところ、PCを立ち上げたのも数日ぶり、という位の大規模な風邪です。やる気もなく、身体中ダルくて、とても動けませんでした。今日になってようやく活動も出来るようになりましたが、しばらくダメでしたね。当初ビタミンを増量投与していた時は良かったのですが(発症すらしませんでした)、油断してビタミンCの投与を怠ったら、すぐ酷い風邪になってしまって、ビタミンCを飲みに階下に行くのすら厳しい、という状態に。メガビタミンも「飲めなければどうしようもない」訳で、今回はある意味良い教訓でした。1Fにも2Fにもビタミンと水は置いておくべきだった、という勉強内容です(苦笑)。

さて、禁煙。

チャンピックスを用いた禁煙治療ですが、順調に進んでいます。禁煙開始日から数日は、ちょっくら吸っていたりもしたのですが、2回目の診察日以降は一服もしていません。

 

元々電子タバコなので、外来診察時のCO(一酸化炭素)の検査では何の変化も観察されないので吸っていてもバレはしないのですが、それでもやはり「禁煙!」と志したからにはしっかり禁煙したいとも思うので、今の「吸う気もしない」精神状態はかなり良好、という感じだと思います。

 

チャンピックスも、服用当初は結構副作用がありました。特に眠気と吐き気はダブルで来るので厳しかったですが、吐き気はナウゼリンで対処し、眠気は一時的対処としてカフェイン400mgほどを入れ、それでもダメな時は諦めて寝ていました。とにかく「60%超の副作用発現率」のある薬がチャンピックスですので、まぁ副作用はほぼほぼ出るであろう事は覚悟していましたが、やはり実際味わってみると独特ですね、副作用。眠い、と言っても、普通な眠気ではありません。頭がズシッと重たくなって、まぶたが開いていられないような眠気です。徹夜明けのハイの後にくる眠気、とでも言いますか……その位、強烈で抗いようのない眠気でした。今はそんな眠気も無いので楽ではありますが、眠かったときはキツかったですね。

 

もし今からチャンピックスを用いた禁煙治療を始めたいと思う方がおられましたら、是非車の運転だけは気をつけて下さい。本当に尋常では無い眠気なので、運転は差し控える方が良いかと。実際「禁煙手帳」なるものが外来で交付されるんですが、そこにも「車の運転や危険な作業はしないで下さい」という一言があります。向精神薬でも同様の記載がある薬は幾らもありますが、それこそリフレックスとかの「眠くなる系」をも遙かに凌駕する眠気が来るのがチャンピックスです。12週間車が使えない、というのは厳しいかも知れませんので、そういう方は、ニコチンパッチ(これも保険適用があります)での治療をお勧めします。とにかく危険ですから、チャンピックスの眠気は。

健康維持に、メガビタミン。

この話題は、まだ私も「入口に足を掛けた」段階であってそれ程知識が深い訳ではないのであれこれは言えませんが、自分自身を実験台として色々試している感じで、楽しいとは思います。

特にビタミンCの効果は顕著で、切らした途端に風邪引きましたからね、偶然というにはあまりにもタイミングが悪すぎます(苦笑)。

 

で、今自分の中でブームなのが『ナイアシン』です。ビタミンB3、とも言いますが、ナイアシンは面白いビタミンです。ある程度以上飲むと、一時的な「フラッシュ」と呼ばれる症状を起こします。フラッシュ、というのは、肌が真っ赤になって火照りかゆくなり、また時にチクチク痛む様な症状の総称です。ナイアシンの商品の中には、フラッシュフリー(フラッシュ無しに加工された成分)のもあるのですが、最大の効果を得ようと思うと、フラッシュありのナイアシンの方が良い、と聞きますので、敢えてフラッシュありナイアシンの方を選んで購入・引用しています。

 

自分の場合、まだ身体が慣れていないので、500mgのナイアシンを飲むと、軽いフラッシュを起こします。これは服用後1時間後程度に発生し、30分ほど続きます。因みに一度1,000mgを試した事もあるのですが、その際はフラッシュの時間が1時間ほどに延長されました。フラッシュは「全く無害な副作用」として、ナイアシンのボトルのラベルにも記載されているくらいに安全な話ではあるのですが、個人的には「フラッシュ後」が気持ち良いのです。スッキリするというか、とても楽になります。フラッシュの最中はかゆくて仕方ないので肌をバリバリ掻いていたりもするのですが、フラッシュが過ぎ去ると、身体に爽快感が残るんですよね。不思議なビタミンです。

 

後は、ビタミンE。これは常用しています。ビタミンB3(ナイアシン)とビタミンEでもって、高・中性脂肪血症を何とかしよう、というのが今の目標だったりします。中性脂肪の値が、今一応処方薬を飲んでいるのですけれど、それでも680とかあります。基準値が確か180とかです。最大で1,800まで行ったことがあるので680はまだマシ、という感じではあるのですが、それでも基準値オーバーは身体には悪いですから、ある程度対処出来るものであれば対処したいと思い、今回のビタミンE+ナイアシン療法になっている訳です。因みに、中性脂肪に対してアプローチする場合には、ナイアシンアミドやナイアシンエステルではダメだそうで、フラッシュする生・ナイアシンでないといけないらしいです。しかも、日量3g(3,000mg)が至適量らしいので、まだ身体がそこまで出来上がってはいないので本格的なナイアシン療法にはまだ全然取り掛かれてはいない段階です。

 

あとは、疲れにはビタミンB群。これは定番ですね、チオビタとかああいうタイプのドリンクにもビタミンB1とか入っていて疲れを軽減させていたりもするので、実のところ「お馴染みの成分」ではあります。

ただ、私が使う量が100mgとか300mgとか、そういう『度外視』な量を使うので、これはやはりメガビタミン独特のところかなとは思います。

ビタミン系ドリンクに含まれているのは、せいぜい1桁のmgですからね、ビタミンB1。

髪を切りに行きたい。

全然話は変わりますが、先日「髪型をしっかりさせていかないといけないイベント」があり、それに合わせて髪を伸ばしていたのですが、そのイベントから早1ヶ月が過ぎ、もう伸びたい放題になってしまって髪型が収集つきません。そろそろ美容院に行きたいとも思うのですが、車が故障してしまったのでしばらく歩きで行ける範囲でしか移動が出来ません。障害者の福祉タクシーチケットはあるので少しは移動も可能なんですが、それでもタクシーチケットも無尽蔵にある訳では無いので、ある程度抑制的に使わないといざって時に困りますからね。

 

幸い、最近お世話になっている美容院は、徒歩圏内です。以前行っていた美容院は車が無いと行けない距離だったのですが、今のところは歩いても5分掛かりません。ただ、人気がある美容院なので予約が取りづらく、なかなかこちらの都合も合わせると上手いこと予約を入れられない、というのが最大のネック、というところでしょうか。妻が切ってくれる、とも先日言っていたのですが、妻の気分次第というところもあり、果たして今日切ってくれるか、明日切ってくれるかも分かりません。自宅で散髪してくれれば、家計も助かりますから良いんですけれどねぇ……。

 

私の場合、本当に格好付けないといけない行事・イベントの時以外の髪型は本当に「何も気にしない」ので、どんな切られようをしようと文句も無いです。妻は、一応美容師学校に少しだけ通っていた過去がある人なので、散髪ばさみもしっかり扱えます。バリカンなんてお手の物、という感じでもあります。もうここまで伸びちゃうとバリカンでないとどうしようもないですからね、伸びすぎで。

 

あー、早くサッパリしたいものです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事