天界ワーク請負人 よしおかとうじのスピリチュアルズ

天界ワークで、望みの現実を、希望の御利益を。最高峰のスピリチュアル体験。

日常・雑記

2018年度の確定申告が完了。初めてのe-tax。

去年までは、書類を印刷して税務署に送付して確定申告をしていたのですが、先日格安のICカードリーダーを手に入れる事が出来たので、これを機に「電子納税」をやってみよう、ということになりまして。

 

自分の場合、帳簿は「freee」という有料サービスを利用して付けていて、これが自動で複式簿記に対応してくれているので、何も考えずに青色申告が出来るんです。青色申告は、税制上のメリットが非常に大きいので、freeeの年会費約1万円を出しても、簿記が出来ない人間にとっては「青色控除」の方が圧倒的にデカいので良いのです。因みに、今期は結局1四半期程度の営業になってしまったわけですが、それでも白色申告だと課税されますが青色申告だと課税されずに済む範囲、という中で収まりました。

今回はe-taxについて語ろう。

e-tax。言わずと知れた、税務署(国税庁)の電子申告サイトです。ただ、このサイトを単に見ても、何から手を付けて良いのかちょっと分かりづらい。

その点私の場合、freeeのコンテンツの一部である「申告freee」というのを利用して、ガイダンスを読みながら手続きが出来たので、実にスムースに行きました。もしそのガイドが無かったら、多分電子申告は出来なかった事だろうと思います。

 

ざっくり確定申告完了までの流れを説明したいと思います。

まず最初に、マイナンバーカードを入手します。「マイナンバー通知カード」ではダメで、接触型ICチップ付きの、顔写真入りの正式な「マイナンバーカード」が必要です。因みに、電子証明書というのが発行時点で付与されるのですが、これの有効期限が5年、マイナンバーカード自体の有効期限は10年という、何だかよく分からない仕様になっています。どちらも5年にしたら良いのに、とか思うんですけれどね、電子証明書の有効期限が長すぎるのが問題なのであれば。

 

その次に、ICカードリーダーを入手します。私はサンワダイレクト楽天市場店で、特売が掛かっている時に購入しました。元々「確定申告専用」という用途で考えていたので、マイナンバーカードが問題無く読み取れる者であれば良い、という考えのもと、安いICカードリーダーにしました。ただ、特売に釣られて接触型(ICチップ面を上にしてカードを差し込むタイプ)を購入したのですが、よりハイブリッドな非接触型(カードかざすだけ)の方が実は安価だった、というオチがあったので、これから購入を検討される方は気をつけて下さい。個人的には以下の製品がおすすめです。Win10にも対応し、当然e-taxにも対応、その上、楽天Edyや各種交通系カードにも対応している、という点で結構メリットがあるかな、と思います。

[amazonjs asin="B00948CGAG" locale="JP" title="ソニー SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi RC-S380"]

 

さてここまでは「下準備」です。

ここからいよいよ、確定申告の為に必要な「ややこしい」話が待っています。

 

確定申告を電子申告で行う為には、自分が送信したデータが途中で改ざんされていない事を電子的に証明する為に、各種電子証明書が必要になります。これはe-taxのサイトで一括してインストール出来る(1つのインストーラーで次々色々インストールする事になる)のですが、この動作が結構怪しい。私は2回実行して途中でプログラムがハングアップしてしまい、3回目でようやくインストールに成功しました。インストールされるのは、申告に必要な各種電子証明書一式と、IE(Internet Explorer)用の「安全性証明サイトの一覧」、あとはもしweb版で無くローカルマシンを使ってe-tax確定申告がしたいのであれば、e-taxのクライアントソフトのダウンロード・インストールの必要があります。因みに私は、このe-taxローカルソフトについては、何度インストールを試みても全然ダメで、結局web版で済ます事になりました。

 

さて、ここからはfreeeを使っている者としての記載になります。freeeの基本機能は「会計・帳簿」機能なんですが、段々と機能拡張がされてきて、近頃は労務とか人事とか、色々な機能が追加されています。その中の1つが、「申告」。申告freeeという名称で、freeeの有料メンバーが利用出来るようになっています。因みにfreeeは無料でも使えるのですが、帳簿の保存期間がたしか3ヶ月とかいう話なので、試しに使ってみる、という意味では良いのですが、それ以上に実務で使おうと思うと必ず有料登録が必要になります。

 

で、その申告freee。これが実に分かりやすい。

 

具体的にどう分かりやすいかと言うと、

「まず何をすれば良いか、ガイダンスがしっかりしている」

「電子申告の利用者登録の仕方(初回登録)まで網羅されている」

「申告のプロセスに入ると、1画面の中(スクロールするだけ)で確認から申告完了まで行ける」

「何処にどのパスワードを入れたら良いか、すぐ分かる」

「各プロセスごとに『成功』『失敗』のステータスをe-taxサイトからパスワードのみで参照出来る」

などです。

 

最後の「各プロセスごとに……」というのが結構初心者にとってはありがたい。実は、国税庁のe-taxサイトは、Internet Explorerしか対応していません。Win10だと基本ブラウザはEdgeで、一般に普及しているブラウザはGoogle chromeかFirefoxか、というところなんですが、e-taxのサイトはあくまでInternet Explorerしか(Winの普通の環境では)使えないのです。これが地味に厄介で、もしfreeeのページ上から確認出来ないとなると、いちいちブラウザを変えて、プロセスを1つ進めるごとにe-taxサイトの「通知ボックス」を確認し、正否を確かめないといけない、という面倒くさい話になります。

 

freeeを用いると、日々の帳簿付けもスマホから出来ますし、勿論帳簿初心者にはややこしい「固定資産の減価償却」とかもオートで計算してくれるので、実に楽です。アレを手計算でやれ、と言われたら、それだけで2週間くらい潰れそうです、私の簿記スキルだと。

その上で、サービスの質の向上が為されたおかげで、確定申告もノンストップで行う事が出来ます。面倒な『添付書類』の類もほとんど不要(ただたしか法令上、添付書類自体の保存義務はあるはずです)。単にキーボードとマウスで操作・確認していくだけで、確定申告が終わってしまうのですから、実に楽で良いのです。

 

まぁ、そんなfreee礼賛な話ではありますが、2018年度の確定申告も無事終わり、ホッと一息です。

ちょっと関係無い話を:部屋の模様替えをしました。

さて、全然話は変わるのですが、去年末は何だかバタバタしていて、大掃除が出来ずに新年を迎える、という実にむさ苦しいことをやってしまいました。おかげで新年迎えても部屋は何だかとっちらかってるし、押し入れもゴチャゴチャで、何処に何があるかよく分からない、という有様でした。

 

で、別に意識した訳では無いのですが、明日2月5日は旧正月。その旧正月を前に、部屋の模様替えやら押し入れ収納の改良やらを一気に行いました。いつも眠り姫な妻も積極的に参戦してくれて、細かいところまで片付きました。

 

今回の大きなのは、ルミナスのラックをクローゼットに入れた事、でしょうかね。ルネナスってアレです、ワイヤーラックの大手です。アレって、特に力も要らずに組み立てられるにも関わらず、強度もしっかりしているし汎用性もあるし、サビにも強いし言う事無し(但し値段は高め)、というワイヤーラックなんですが、先日の楽天マラソンの時、ちょうどクローゼットの前半分(奥にはチェストがある)に入れても収まりそうなサイズの、スリムラック、というのが安売りされていたので購入したんです。サイズ的にギリギリかなぁ、と思っていたのですが、チェストの裏に余分な物が隠れて置いてあって、それを整理したら実にスマートに入りました。幅はちょっと思ったより狭くて、収納という意味では「もう1サイズ、デカいタイプのラックでも良かったかなぁ」とか思ったんですが、それまでは腰高サイズのヘボいワゴンを置いていた所に、そのルミナスを置いたんです。しかもそのルミナスのセール、キャスターが「希望者無料」で付いてくる、という大盤振る舞いだったので、当然申し込みました。

 

今までのワゴンが腰高・3段の代物だったのですが、これが肩くらいまでの高さで5段の収納力を有する物にグレードアップしたのです。実に収納としては心強い。しかも、以前のワゴンは「動かすと棚が落ちる」という実に致命的な欠陥商品だったので、丈夫で頑丈がウリのルミナスに替えて、これで収納している物が落下して壊れる心配も無くなった、という実に嬉しい話です。

 

これが、私の私室の話。いやまぁ、私室と言っても家の部屋数自体がそうある訳では無いので、妻との共用PCルームなんですが(和箪笥とかも置かれている和洋折衷な部屋になっています)、これの他に、掃除ついでに色々増設しようか、みたいな話になりまして、妻の念願だった可動式のスタンドミラーと、文庫本サイズ対応のカラーボックス本棚をリビングに設置。あまり今は文庫本にせよマンガにせよ読まないのですが、元々私自身、少女マンガの影響を強く受けて育った経歴を持っているので、マンガが持つ影響力みたいなものに関しては一目置いています。これをリビングに設置するのは、息子に少し「物語性のあるマンガを読ませよう」という計画があっての事です。私の少年期では、『ぼくの地球を守って』なんかがコアになって、あとは『パタリロ!』とか、好きなマンガが色々ありました。まぁパタリロが教育上有意義かどうかはさておき(苦笑)、『ぼくたま』なんかは、ある意味での希望と絶望の物語なので、感性を豊かにするには良いのかな、とか思ったりする訳です。

 

しかし、残念な事に、最近はマンガを読んでいないので、そもそも近頃のマンガでどんなものをラインナップすれば良いのか、というのがちょっと掴めていない、というのが難点。とりあえずは今私の書庫にある『あずまんが大王』とか『よつばと!』とかをリビングに降ろす事を検討はしているのですが、うーん、創造性を高める様な素晴らしいマンガ、というのが、こと最近の代物ではどうなのか、というのが分からずちょっと悩んでいます。著者とかシリーズとか、情報があれば後はメルカリで中古本まとめて一括買いをしようとか思っているのですが(そう言う意味で、昔100巻まで揃えていた『パタリロ!』の復刻版?の文庫本はまとめ買いしようと思っています)、恐らくそう遠くない時期に、今回買ってきた本棚は一杯になるだろう、とは思います。

 

ま、そんなこんなで、自営業者としての締めも、一年の家庭の締めもようやく終わった感じで、節分も越しましたし、良い感じでようやく新年って感じです(苦笑)。あとはココナラの新しいワークを考案するとか、そういう方向性を考えたいなぁ、と思っています。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
よしおかとうじ

よしおかとうじ

天界と人とを繋ぐライトワーカー、よしおかとうじです。日々真面目に研鑽・ワークをしております。ご用の際はお気軽にお問い合わせ下さい。

-日常・雑記

Copyright© 天界ワーク請負人 よしおかとうじのスピリチュアルズ , 2019 All Rights Reserved.