天界ワーク請負人 よしおかとうじのスピリチュアルズ

天界ワークで、望みの現実を、希望の御利益を。最高峰のスピリチュアル体験。

グラフィックボード

パソコン・IT関連

MSIのRTX 2070グラフィックボードを買いました。

投稿日:

今回はスピリチュアルとかヒーリング・アチューメントとかとは全然関係無いお話しです。

 

パソコンで3Dのゲームをする際には、グラフィックボードというパーツが必須になります。ゲームせず、オフィス系ソフトだけ使う、という用途であれば、マザーボードに付いているオンボードグラフィックで十分なんですが、あくまでアレは2Dの処理専用と考えた方が良いです。3Dゲームをするとなれば、確実にグラフィックボードは必要になります。

 

それで、今回色々グラフィックボードについて勉強もしたんですが、新しい規格のRTXシリーズ、というのが出ていたのです。RTXシリーズは、グラフィックボードの仲でもGeForce社が出しているパーツになるのですが(と言うか、各種ボードのメーカーはそれぞれあるのですが、コアになるグラフィックチップは、GeForceからの供給です)、これが新技術を搭載しているので「新しもの好き」な私としては、飛びつかざるを得なかった、というのが実際のところです。

RTX 2070で何が出来るか?

基本、どんな3Dゲームでも、設定を「低」とか「中」程度にすれば、比較的廉価なパーツでも動きはします。スムースではない場合が多いですが。

最新、に準ずるRTX 2070では、これに新しい技術として、今までのアンチエイリアシング技術からの置き換えとしてDSLLという技法が用いられます。勿論ゲーム自体が対応していないと意味ないらしいのですが、私がこれからプレイしようとしている様な最新のゲームであれば、これはサポートしてくれています。

また、光の処理方法についても、レイトレーシングという技法が新規に用いられます。これがあると、ガラスに自分の姿がしっかり映り込んだりとか、細かい所で処理が抜群にリアリティを増す、という感じです。

 

基本的には、GTX 1080と比肩する位の実力を持ったグラフィックボードなんですが、まあ「安定の1080」か、「新進気鋭の2070」か、と言った具合で、ユーザーのニーズと共に分かれる所だとは思います。レイトレーシングが必要で無い、というか、対応していない過去のソフトをフルパワーで回すのであれば、別に「よく初期不良がある」「1週間後にブルースクリーン連発」なんて不吉な口コミで満ちているRTX 2070を買う必要は無いのです。

 

今回は、私の場合、レイトレーシングに特に強い興味を抱きました。私がガシガシと3Dゲームをやっていたのは、既に6年ほど前になります。当然6年前のグラフィックボードでは、到底今のゲームはマトモに動きません。エラーが出て止まるものもあるでしょうし、たとえ起動しても、fpsが全然上がらずにガクガクの画面になってしまって、ゲームどころではないでしょう。

RTX 2070は何処で買うのがベター?

正直、「ベスト」な解は無いと思います。補償が充実している所は大体値段が高いですし、また場合によっては補償は別途課金、というパターンもあります。価格.com辺りで最安値を調べて買うのが「経済的メリット」から行けば最善なのですが、とかくエラー報告が多いのがこのRTX 2070です。すると、どうしても「返品交換がスムースなところ」で買うのがベター、という解に至ったのです。

 

で、結局、私はAmazonで買いました。Amazonは、価格.comで行けば、4番手くらいで、値段としては最安ではありません。

けれど、Amazonの初期不良対応はしっかりしているので、安心して買える、というのが、一番の決め手になりました。

 

因みに私が買ったのは、これです。

オーバークロックモデルと悩んだのですが、実際オーバークロックをしても伸びる性能は10%程度、しかしそれで安定性などが犠牲になってしまっては、ゲームの楽しさが半減してしまうので、敢えて「殆どオーバークロックしない」モデルをチョイスしました。そのお陰で、値段はかなり抑えられました。

実際よしおかとうじは何をプレイするのか?

私は専ら、FPSの類をやります。昔々では、「Crysys」という、当時のグラフィックボードではかなり重い処理を余儀なくされるゲームを、寝室の隣でやっていて妻から苦情が来た事があります(苦笑)。

何せ、Crysysは相当派手に爆発とかもあるゲームでしたので、寝ている壁越しにドカーンと聞こえてくれば、やはり寝心地は良くないでしょう。苦情が来てからは、ヘッドホンをしてするようになりましたが、当時はまだヘッドホンへの造詣が薄かったので、どうにもペンペラな音でゲームをするのが嫌だった、という思い出があります。

 

有名バトルロワイヤルPUBGは、スマホでプレイした事があるんですが、どうしても画面が小さい。操作もしづらく、これはスマホでは無理があるなと思いました。PUBG辺りも、RTX 2070であればスムースに動くと思うので、これも試してみたいと思っています。

 

後は、いわゆるギャルゲーとかもやりますね。4月にテレビアニメ放映がされる「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」なんて、PC98時代にやっていたゲームですが、これもNintendo Switchでも出るらしいとか聞くので、これは別途購入しようかと思っています。

最近は、ギャルゲーは何だかエロ中心で、マトモにシナリオがある良いギャルゲーって、なかなか出会えないんですよね……『こみっくパーティー』からドップリと世界にはまった私ですので、アレくらいのストーリー性とエンターテインメント性が両立しているようであれば、是非プレイしたいところなんですが……ただいずれにしても、RTX 2070はギャルゲーやるにはとてつもなくオーバースペックではありますね。基本2D、あってもちょっとの「キャラが動く程度」の3Dですし。

 

スマホでは、プリンセスコネクト!Re:Diveなんかは、好んでやっていますね。なかなか大作なので時間がある時しか出来ないのがネックではあるのですが、ストーリーがとにかく作り込まれていて、キャラがまたどれも個性的で愛くるしい。実に私のハートを掴むにはピッタリなゲームになっています。

因みに、明日届きます、RTX 2070。

AmazonPrime会員なので、配送は実にスムースで、明日到着予定です。このタイトな日程を考えると、運送業者の方々は相当な無理をしているんだなぁ、と思わざるを得ません。エンドユーザーとしては、早い到着ほど嬉しいものは無いですが、それで「運送業界自体が破綻する」と言うような事態になってしまったら、元も子もない訳で……適度に値段も上げてはいるようですが、昨今のネット購買の増加で、受注する荷物は増える一方とも聞きます。そして、深刻なドライバー不足、とも。

 

何処かの業界が「無理」を言うと、必ず別の業界にしわ寄せが来るんですよね。Amazon、楽天、その他ネット通販……各社工夫はしている様ですが、Amazonの横暴さは少々度が過ぎますしね。それでも利用者として使っている、私の様な人間がいるからPrime制度も回っているのですから、ある意味私も加担者である事を自覚しなければいけないとも思ってはいます。けれど、Primeのサービスって、非常に至れり尽くせりで、外せないんですよね。日時指定・翌日配送のAmazonショッピング、そしてAmazonPrimeビデオ、PrimeMusicなどなど……Kindle Unlimitedが別課金なのは、もう少し努力して欲しいなぁ、とか思いますが、まぁこれも
「読み放題」を維持する為の『仕組みのためのコスト』でありましょうから、仕方ないのでしょうね。

 

何にしても、明日届いて組み付けをして、ゲームをダウンロード購入したら、早速ゲームに入ります。勿論、仕事としてライトワーカーな事はしますし、ご依頼があればゲームなど即座に中断して対応に動きますが、多少計画(特にメルマガ計画)にズレが出来るであろう事は、やむない事と思っています。

 

 

さー、明日からゲーム三昧!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
よしおかとうじ

よしおかとうじ

天界と人とを繋ぐライトワーカー、よしおかとうじです。日々真面目に研鑽・ワークをしております。ご用の際はお気軽にお問い合わせ下さい。

-パソコン・IT関連

Copyright© 天界ワーク請負人 よしおかとうじのスピリチュアルズ , 2019 All Rights Reserved.