よしおかとうじのワークについて

ここでは、私よしおかとうじのワークスタイルについて記していきたいと思います。

ここから先の注意書き

ここから先、結構専門用語も出てきますが、解説無しでそのまま突き進みます。基本的にはGoogleに掛ければ意味は分かりますので、chromeの方はマウスで選択状態にして右クリックで「Googleで○○を検索」をご活用下さい。

一般的なヒーリングワークについて

プロフィールでは少し述べていますが、まず私のライトワーカーとしてのスタートは、一般的なヒーリングワークをアチューメントとして仕入れてそれを施術する、という、ごくありふれたスタイルでした。

これは基本的に誰でも出来る、と言われています。いやしかし実際には、単にそう言われているだけで、アチューメント自体との相性問題とかもありますし、使いこなせるだけの実力が無いと「ワーク効果」の点で相当差が出てしまうんですけれどね。

 

で、私が取り扱うヒーリングワークについて。

以前は「ヒーリングストア」というサイトを立ち上げて、販売していました。またココナラにも似たようなメニューを出していました。

扱えるヒーリングワークの数は、48。全てをメニュー化していた訳ではありませんが、48の異なるヒーリングワークをご提供出来るだけの用意はありました。また、同様にアチューメントについても似たような数ご提供出来ました。

 

 

ヒーリングワークについては、基本的には、ワークとしてパッケージされた時点である程度「強さ」「規模」は確定します。ですので、ある程度以上の力量があるワーカーさんであれば誰でも、同じように『良いワーク』が出来ます。もちろんその日その日の体調や集中度などによって、良いワーク・悪いワークと微差は出ますが、誤差範囲内に収められて初めて、プロのライトワーカーとも言えるでしょう。

アチューメントについてもある意味同様で、こちらはもう少し集中力等を要しますが、基本的には日々の修練とその日の状態とが上手くマッチすれば、問題無く出来ます。ヒーリングほどには簡単では無いですが、これとても少しコツをマスターすれば、誰でも出来る様になります。

 

よしおか
私も最初から最良のワークが出来た訳ではありません。積み重ねでした。

アチューメントを仕入れては施術する。そういった流れに新しい風を吹き込んだのは、【薔薇のシッポ】というサイトで取り扱いのある「MARIA」というシリーズのアイテムを手に入れてからです。MARIAシリーズはとても値段が高いのですが、とあるクライアント様から交換条件でもって譲って頂き、今もワークの核として働いてもらっています。

よしおかとうじのワーク・真骨頂とは

私、よしおかとうじのワークの真骨頂は、「トーク系」にあります。

 

以前から変わらずココナラで出しているサービスに『高次元トーク』というのがあるのですが、これはクライアント様の「ハイヤーセルフさん・スピリチュアルガイドさん・守護神様」の三者にアクセスし、それぞれお話しを伺ったり質問を投げかけたりするのをサービスとして提供しているものです。これを以前は、トーラスという道具を用いて行っていました。

 

トーラスだけでも十分にトークは出来るのですが、MARIAシリーズの初期版、命名がないので勝手にMARIA01と名付けましたが、そのMARIA01を使うようになってからは、アクセス出来る相手が途方も無い射程距離まで広がりました。プロフィール後半には少し詳しく書きましたが、神様がおわします次元である「天界」に出入りし、天界におわします神々様方と、トークが出来ます。

ここでは少し、天界の様子を詳しく書きましょう。

天界の入口手前は階段状。入口は光る半球状。

因みにこれは絶対ではありません。何故かというと、天界入り出来る人により、何処の入口から入るか、というのが全然違うからです。私の場合、いきなり神様方の事務所の様な場所に入れる所を案内されていますのでこういうビジョンにもなっているのですが、他の方ではまた別のビジョン・別の入口・別の天界の姿が見えている事だろうと思います。

私が入る入口では、丁度オフィスの廊下、という感じの所に着地します。最初は一瞬、そこにいらっしゃる方々が動きを止めてこちらを見られる、という事もあったのですが、最近ではそういう事もなくごく自然に天界の「オフィスの廊下」に降り立てるようになりました。

オフィスの様だ、という位ですから、そこにはたくさんの神様、または天人の方々がおられます。また机もあり、応接セットみたいなものまであります。けれど、不思議な事に事務っぽい机はあってもイスが無いんですよね。神様方は座らないのだろうか、とか思ってしまいますが、敢えて突っ込んだ事はありません。

 

で、その事務所に通されると、すぐに駆けつけて下さる「係の方」がいらっしゃいます。その方、顔というか頭に白いキツネの面を被っておみえになっていて、御名前を伺うと『白狐神』様、と名乗られました。結構神様に御名前伺っても教えて下さらない事が多いんですけれどね、この方、白狐神様はすぐに名乗って下さいました。

それで、その白狐神様に天界のあちこちを案内して頂いたんですが、とにかく広い。そして色んな領域があります。それぞれ担当される偉い神様の部署単位でもって雰囲気が変わる感じで、そういった「雰囲気が違うところ」が幾つもあります。私が案内して頂いて、こりゃ雰囲気違うな、と思った所だけでも5カ所ほどあります。しかもそれぞれ遠いんですよ。白狐神様と私とで思いっきりダッシュしてようやく辿り着く感じです。肉体で走っている訳ではないので息は上がりませんが、その分精神的エネルギーは喰らう模様で、走った後で天界から戻ったときには、とてもグッタリしてしまう事が多いです。

 

で、その中でも、ひときわ上位におわします神様がおられます。その神様との約定でもって御名は明かせませんが、天界のドン、と言っても過言では無い神格をお持ちの神様です。この神様とのトーク、そしてこの神様への直訴談判こそ、私のワークの真骨頂です。

ココナラに出している「運気の器拡大ワーク」も、基本的に全てこの神様に御願いをして、御指示が飛び、下仕事を白狐神様がご担当される、という流れになっています。また規模が大きいワークになると、この神様が直々に色々と、物事やら運気やらを動かされる時もあります。

 

因みに、ライトワーカーとしてグレーゾーンな事もしました。以前のブログではしっかり書いていますが、私のFXが「あと数pipsでゼロカットで吹っ飛ぶ」という所、思い切り無理矢理私の願いをMARIA01と後述するMHでもってその神様にねじ込んで、相場反転させた事があります。相場反転のお陰様で、証拠金0円になるところ、見事に+12万円で危機を脱した、という実に私利私欲にまみれたお話しです。

 

言い換えれば、神様に「そこまで無理言える」のが、私です。

それだけのパイプがある、と思って頂ければ結構です。

私は守銭奴です。それが何か?

さて、私利私欲ついでに早めに告白しておきますね。

 

私は、お金についてはもの凄く意地汚いです。基本的に「単価の安い仕事」は嫌いますし、値切ってくる人は全く相手にしません。もちろんそれは自分のするワークに自信がある裏返しでもあるのですが、それにしても自分でも「金に汚いなぁ」と思うほどに、お金には非常に執着心があります。

 

ですので、基本的に私のワークは高いです。

これが高い理由のその1。実は理由は他にもう1つあります。

 

 

【エネルギー等価交換性の法則】というものがあります。

法則なので、絶対性があります。

 

エネルギー等価交換性の法則とは?

施術者が発するエネルギーと同等の価値でもって、エネルギーを受け取れる、という法則。通常の場合、施術者のエネルギーと依頼者の支払う金員でもってバランスし、ワークエネルギーが十分に行き渡る。

バランスが不十分だと、エネルギーワーク自体が機能不全を起こして全く発動しなかったり、時にはボディエネルギーをもってバランスしてしまって、依頼者が体調を崩すなどの「悪影響」も出る場合がある。

この法則、ホントに嫌と言うほど痛感させられているので(余りにさっ引いた割引価格で出すと、本当に効きが悪いんですよ……)、ある程度以下には値段を下げられない、という事情もあります。

正直な話、これに引っかかってしまって大失敗したプロジェクトもあった位なので、たとえ商売的に「これは高すぎて売りづらい」と思ったとしても、高値で出さないとダメな場合はごり押しでも高い値段を付けざるを得ません。

最近になり、じゃあバランス価格って何処よ、という辺り、直接天界に伺ってみる、という荒技を覚えたので、無駄に高い値段を付けなくても良くなったのですが、結構天界の仰る値段それ自体が法外に高かったりしてワークそのものの提供断念をしたりもしているので、この法則には施術者として泣かされています(苦笑)。

ブログ独自のワークもご提供していく予定です。

これからの予定、ではありますが、ブログ独自ワークもご提供をしようと思っています。まだこのブログ自体それ程Googleに引っかかるほどコンテンツがないので今の今すぐ、という事は考えてはいないのですが、以前のブログで決済システム自体は完全に整える事が出来たので、それを再度設置すれば良いだけの話です。

 

後は、何をご提供するか。それが一番の問題だったりします。

 

ココナラで出しているワークを重複して出しても良いんですが(これについては「ココナラ」カテゴリーの記事をご参照下さい)、そればかりでは面白みに欠けます。やはり、わざわざブログに来て頂いた方が「ブログに来た甲斐があった」と思って頂ける様な内容のワークをご提供したい。それがライトワーカーとしての思いです。

 

しかし、何も無い、ではやはり始まりませんので、ともかく近いうちに1つでも、ワークをご提供出来る様に仕組み作りをしたいとも思っています。クレジットカード・銀行振込対応の決済システムの復元からスタートですが。

ところでMHって?

上の、相場反転の時に役に立ってもらった「MH」というアイテムがあります。これも【薔薇のシッポ】さんで購入したものなんですが、扱いとしては「神格護符」という物になります。要するに、神様。シンプルにそういう事です。

で、MARIA01を下さったクライアント様が、このMHについて、非常に詳細かつ役に立つ情報をたくさん下さったのです。普通、MHは「万能御守り」的な位置づけになってしまう様なアイテムなんですが、その方の情報のお陰でもって、MHはエクスカリバーにもなりイージスの盾にもなる、まさに最凶クラスの破壊力と防御力を併せ持ったツールへと変貌しました。

 

それで神様に何をしたか。言ってしまえば、命令です。天界のドンに命令を突きつける。如何に不遜な行為か、と私も後々後悔したんですが、この後悔は別にしなくても良い後悔だったという事を、その後別の神様から知らされる事になります。これはまたブログの記事として書くとして、古き時代から「急々如律令」とかありますが、「令」それ自体が『命令』です。そんなところからも、実は神様に命令する、というのは(やって良い人と良くない人とはありますが)あり得る事態、という事をご紹介するに留めます。

MHの、防水バージョン。今ではピルケースバージョンも登場してます。

それでは、あなた様のご依頼をお待ちしております、今はまだ空っぽですけれどね(苦笑)。

 

よしおかとうじ 拝